か ぶ し き が い し ゃ    お び け ん こ う ぎ ょ う

『お客様が喜ぶ良い製品を、より早く、より正確に作ることが我々のプライド』









リンク



エネルギーから経済を考える 経営者ネットワーク会議   enekei



地下水は湯気を上げながら強力に融かします。新雪のうちに処理すれば雪はドンドン融けます。



蓋が2分割されている大型タイプ



小さな開口に蛇口が標準装備



蓋を閉めるとこうなります。車が乗っても問題ありません。



蓋を開けたファミリータイプ


 除雪作業風景です。このくらいの雪は何回かに分ければ問題なく処理できます。

年中使える融雪槽 『スノーマッチョ』

燃料不要!


なんとボイラー式より融雪が早い!


CO2排出ゼロ!


地下水は年中使えるので庭の

散水や洗車など水道代節約OK!


非常時に活躍、小型発電機で

水が使える!


人力ガチャポンプ取り付け可能



(地下水位や道路条件などで融雪槽設置が出来ない地域があります。)



■『スノーマッチョ』は地下水を利用して雪を融かすエコ融雪槽です。灯油などの化石燃料を使用せず、エネルギーはポンプを動かす電気代だけなので、1シーズン2000〜3000円(当社実験値)程度と大変経済的で、地球温暖化の要因にならない環境に優しいエコ融雪槽です。使い終わった地下水は可能な限り地下に戻す仕組みです。『スノーマッチョ』は本格的ボーリングと高性能ポンプが特徴で、深さ10m〜30m(標準30mまで)まで管を打ちこみ、地下水を安定的に確保しております。また、ボーリングした管の深い位置に高性能ポンプを設置しているため、十分な水量が確保できますし、凍結に対する問題も解決しております。地下水を安定的に確保できるので冬の融雪はもちろん、夏場は庭の散水や洗車に地下水を利用できるよう、蛇口を標準装備〔Lタイプ、Fタイプ〕しており、水道代の節約にも力を発揮します。


・スノーマッチョを作り始めて15年。様々な問題を解決し、改良、改善を続けてきた甲斐があり、今ではお客様に安心してお使いいただける製品になりました。


雪を下に落とすだけなので、女性や

お年寄りにも楽々作業が出来ます。



フタは車が載っても大丈夫。



フタにはダンパーが付いているので女性

でも軽々と開けられます。(新型)



 Fタイプスノーマッチョは、ママさんダンプ 
 で 80〜100杯程度が一度に入りま   
す。タイマーを入れて約1時間で雪が融  
けるのでまた入れて・・・




地下水利用エコ融雪槽『スノーマッチョ』詳細


■スノーマッチョ・L 〔大型〕

 (5台以上の駐車場向き・内容積 約9.3m)

外形寸法  2700_×1500_×高さ3500_

開口部寸法 750_×1570_

使用ポンプ 揚水−制御機能内蔵型深井戸ポンプ

          単相200V・1.2kW・120L/分       排水−自動型水中ポンプ

          単相100V・0.15kW・100L/分

ボーリング       標準深さ 30mまで


■スノーマッチョ・F 〔ファミリー〕

(5台以下の駐車場向き・内容積 約3.2m)

外形寸法  1200_×1700_×高さ2100_

開口部寸法 750_×750_

使用ポンプ 揚水−制御機能内蔵型深井戸ポンプ

           単相100V・0.6kW・60L/分

      排水−自動型水中ポンプ

          単相100V・0.15kW・100L/分

ボーリング       標準深さ 30mまで


地下浸透が良好な場合は排水ポンプは必要ありません。

 

國枝恭二の馬耳東風


↑蛇口が付いているのでホースを繋げばOK,水道代の節約にも貢献します。



↑ボーリングはエアで掘削します。狭い場所でも施工でき、周囲を汚さないように細心の注意をはらって作業いたします。


使い方は簡単、雪を投入してタイマーを約60分にセットするだけ、後はお出かけしても大丈夫です。



雪は下に落とすだけなので楽々、しかも降るたびに処理すれば危険な雪山も残らず安心。コンビニ、個人病院、郵便局など多くのお客様が出入りする場所に有効です。


大型スノーマッチョは機械による投入が可能です。4トンダンプ1台分の雪が一度に入り、約1時間で雪が融けます。


■地下水について■

 地下水の温度は年中一定・・・と思われている方も多いと思います。しかし実際は十勝地区で夏には8℃〜12℃前後、冬には11℃〜14℃と温度変化があり、しかも夏と冬が逆転しております。これは大雪山や日高山系の気温や雪解け水などが地下に影響し、伏流水として平野部に来るまで約4ヶ月ほどかかるのではないか・・という話を聞きました。(事実を確認したわけではありませんが現実に温度が違うのでなんとなく納得します。)

この温度差を冬の融雪や夏の散水冷却に利用しない手はありません。

十勝地区の他にも大雪山系の向こう側、旭川地区がやはり温度の逆転があるようです。

ガチャポンプ取り付け可能です。非常時にも確実に水が確保出来ます。(飲用にするには検査が必要です)