か ぶ し き が い し ゃ    お び け ん こ う ぎ ょ う

『お客様が喜ぶ良い製品を、より早く、より正確に作ることが我々のプライド』










リンク



エネルギーから経済を考える 経営者ネットワーク会議   enekei

建築墨出し工事








建築墨出し工事を始めました。建築工事ではコンクリートの躯体(骨格)が出来たら次は仕上げ屋さんの出番です。サッシを付け、間仕切り壁を建て、ボードを張り、設備工事、電気工事をおこないます。その寸法の基準となる墨や壁の位置などを表す墨を出すのが仕事です。一般的には光波を使った測量機器や水準器を使ってポイントを出し、墨坪で糸を弾いて線を描きます。これを間違うと図面通りの建物になりません。力仕事ではありませんが気を遣う仕事です。                     

 

國枝恭二の馬耳東風




使用する機器は



〈電子セオドライト〉

ミラーを使って正確な距離や角度、高さを出せます。むかしはトランシットと言っていたんですがね・・・




〈電子セオドライト〉

これもセオドライトと言いますが距離は測れません。レーザーポイントが照射できますので薄暗いところでもポイントが出しやすいです。




〈レベル〉

水平ラインを観るための水準器です。最近の機械は性能が良くなって微調整は勝手にやってくれます。